車買取りと下取りの違いって?


車買取りと下取りの違いって?

車買取。 買取と下取を比較した場合に、どちらの査定額が高いと思いますか? 車を購入するのだから、下取りの方が高いのではと感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんよね。
しかし、実際に比較をしてみると下取よりも買りの方が高額と言える査定が出る場合がほとんどです。 その秘密についてご説明をさせて頂きたいと思います。
◆買取
査定のプロが、メーカーや車種、年式に問わずにしっかりと判断をします。修復歴相場だけで判断をする事はありません。適正な相場で買取を行います。 日本全国各地の相場データを把握しています。迅速に買取金額を算出する事が出来ます。
◆下取
ディーラーによる下取は、自社メーカーの車種情報しかないのが現実です。ですので、メーカーや車種によっては、査定の価格が低くなる可能性があります。修復歴相場のみで判断をされがちですので、価値が下がる評価になる場合が多いです。 主に新車を取り扱っているディーラー。全国の中古車相場や市場のニーズを把握している場合が少ないです。 車購入時の交渉時に下取りを行う場合が多いので、店舗独自の査定金額となりがちです。基準も曖昧なため、提示の額に差が出てしまう場合もあります。



ページTOPへ